コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランスの裁判制度 フランスのさいばんせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランスの裁判制度
フランスのさいばんせいど

フランスには,行政裁判所司法裁判所の2系統があり,それぞれ独立している。両系統の裁判所の間で権限の争いが生じたときは,権限裁判所が解決する。行政裁判所制度は,1953年に大改正が行われ,従来の制度とはかなり違ったものとなった。このうち最も重要な裁判所はコンセーユ・デタの争訟部で,これが最高行政裁判所である。この下に,第1審の (地方) 行政裁判所があり,その数は本土に 24,海外県に4となっている。司法裁判所制度は,59年に大改正が行われ,裁判所の改組,控訴審の統一化などが行われた。司法裁判所は民事と刑事に分れ,民事裁判所には普通法裁判所と特別裁判所とがあり,前者には大審裁判所小審裁判所控訴院があり,後者には商事裁判所,労働裁判所,社会保障争訟委員会などがある。刑事の普通法裁判所としては違警罪裁判所 (小審裁判所に設置) ,軽罪裁判所 (大審裁判所に設置) ,重罪院 (常設裁判所ではない) などがある。これら事実審の上に,純粋な法律審として破毀院があり,法律解釈の統一がはかられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android