コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス植民地協会 フランスしょくみんちきょうかい Union coloniale française

1件 の用語解説(フランス植民地協会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フランスしょくみんちきょうかい【フランス植民地協会 Union coloniale française】

1893年に結成されたフランス植民地経営を推進するための経営者の団体。会長に,ペリエ兄弟銀行を代表し,またコントアール・デスコントComptoir d’escompte(クレディ・リヨネとならぶ当時の三大銀行の一つ)の取締役でもあったメルセが就任し,植民地に利害関係の深い銀行や海運・貿易の大会社の代表が運営委員会に名を連ねた。活動の目標は各会社の共通の利益の追求と各会社間の利害の衝突の調停,経済的また法的方策の検討と提案,研究調査と情報の収集・提供などであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フランス植民地協会の関連キーワードイギリス東インド会社ケープ植民地植民地東インド会社フランス領インドシナフラングレ国民戦線半植民地フレンチインディアン戦争インド国鉄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone