コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリシュマン フリシュマンFrischman, David Ben Saul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリシュマン
Frischman, David Ben Saul

[生]1861.1.5. ズジュエシュ
[没]1922.8.4. ベルリン
ポーランド生れのユダヤ作家,詩人,評論家。少年時代から詩や散文を書きはじめ,ペテルブルグでヘブライ語雑誌『ハ・ヨム』の編集助手 (1886~87) となり,以後多くの雑誌に詩,短編,文学評論を発表,ヘブライ文学評論家として高く評価されている。主著,短編集『砂漠にて』 Ba-Midbar (1923) ,評論『文学史に関するノート』 Mikhtabim al-Davar ha-Sifrut (1895) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フリシュマンの関連キーワード炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)ウェストンスウィフトダールマンタゴールチャーチ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android