コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットリオ・エマヌエレ[2世] ビットリオエマヌエレ

1件 の用語解説(ビットリオ・エマヌエレ[2世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビットリオ・エマヌエレ[2世]【ビットリオエマヌエレ】

イタリア国王(在位1861年―1878年)。サボイア家の出身でカルロ・アルベルトの子。1849年サルデーニャ国王に即位。父王の導入した立憲君主制を維持して,サルデーニャ王国イタリア統一運動リソルジメント)の中心とした。
→関連項目ガリバルディ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のビットリオ・エマヌエレ[2世]の言及

【サボイア家】より

… 1796年から1814年までのフランスによるピエモンテ支配は,封建的遺制のほぼ完全な廃止など,社会的・経済的発展の基礎をつくった。国王ビットリオ・エマヌエレ1世(在位1802‐21)とその後のカルロ・フェリーチェ(在位1821‐31)は復古体制下で猛烈な反動政策をとるが,ピエモンテの近代化は徐々に進む。その後を襲ったカルロ・アルベルト(在位1831‐49)は経済的自由化を推進し,彼の下でサルデーニャ王国は1848‐49年のオーストリアとのイタリア解放戦争を戦い,敗北する。…

※「ビットリオ・エマヌエレ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビットリオ・エマヌエレ[2世]の関連キーワードサボイア家ジギスムントネンニプロレタリア国際主義イタリア統一戦争イタリアンサルデーニャ王国ANSAUILピッツァ・マルゲリータ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone