コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットリオ・エマヌエレ[2世] ビットリオエマヌエレ

百科事典マイペディアの解説

ビットリオ・エマヌエレ[2世]【ビットリオエマヌエレ】

イタリア国王(在位1861年―1878年)。サボイア家の出身でカルロ・アルベルトの子。1849年サルデーニャ国王に即位。父王の導入した立憲君主制を維持して,サルデーニャ王国をイタリア統一運動(リソルジメント)の中心とした。
→関連項目ガリバルディ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のビットリオ・エマヌエレ[2世]の言及

【サボイア家】より

… 1796年から1814年までのフランスによるピエモンテ支配は,封建的遺制のほぼ完全な廃止など,社会的・経済的発展の基礎をつくった。国王ビットリオ・エマヌエレ1世(在位1802‐21)とその後のカルロ・フェリーチェ(在位1821‐31)は復古体制下で猛烈な反動政策をとるが,ピエモンテの近代化は徐々に進む。その後を襲ったカルロ・アルベルト(在位1831‐49)は経済的自由化を推進し,彼の下でサルデーニャ王国は1848‐49年のオーストリアとのイタリア解放戦争を戦い,敗北する。…

※「ビットリオ・エマヌエレ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ビットリオ・エマヌエレ[2世]の関連キーワード炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)ウェストンスウィフトダールマンタゴールチャーチ