コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリブールの市庁舎 フリブールのしちょうしゃ

1件 の用語解説(フリブールの市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

フリブールのしちょうしゃ【フリブールの市庁舎】

スイス西部、首都ベルン南西約30kmのフリブール(Fribourg、ドイツ語読みではフライブルク、Freiburg)旧市街の中心部にある、八角形の時計塔があるゴシック様式の建物。市庁舎のほか、この建物内部には議会や裁判所もある。1501年に建設が始まり、1522年に完成した。フリーズ呼ばれるアーチ型の装飾の入り口がある正面部分は17世紀につくられた。フリブールは坂の町だが、この市庁舎も斜面に建っている。一見3階建ての建物に見えるが、実は7階建てである。市庁舎の東には聖ニコラ大聖堂がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリブールの市庁舎の関連キーワードベルンベルナーオーバーラントエメンタール瑞西グシュタードシルトホルンブスアルプカメラータ・ベルンベルン交響楽団ツィーベレメリット

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone