コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリントシャー Flintshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリントシャー
Flintshire

イギリスウェールズ北東部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地モールド。ウェールズ語では Sir Fflint。東でイングランドに接する。北部はディー川河口部および下流域に位置し,南部にクルイディアン山地へといたる内陸部が広がる。旧フリントシャー県に属する。1974年の自治体再編でクルイド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。かつてはケルト系の一種族の居住地。1世紀にローマ人によって制圧されたが,ローマ時代の遺跡はほとんど残っていない。北部のホリウェル付近は産業革命発祥の地の一つで,19世紀にはディー川沿いの豊かな石炭鉱床により鉄鋼業と造船業が発展した。かつて巨大な製鋼所を有した東部では,重工業が衰退した今日も工業が盛ん。モールドは西部で生産された農産物の集散地でもある。面積 837km2。人口 15万200(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリントシャーの関連キーワードグラッドストーン(William Ewart Gladstone)ギャリー スピードデンビシャーレクサム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android