コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリッヒ・K.J. ティーレ Friedrich Karl Johannes Thiele

20世紀西洋人名事典の解説

フリードリッヒ・K.J. ティーレ
Friedrich Karl Johannes Thiele


1865.5.13 - 1918.4.17
ドイツの有機化学者。
元・ストラスブール大学教授。
ブレスラウ、ハレの各大学で学び、ミュンヘン大学でバイヤーの助手、助教授を務めた後、1902年ストラスブール大学に移り、化学教授となった。この間、1890年ニトログアニジン、アミノアニジンに関する研究を発表したほか、共役二重結合、部分原子価に関する研究においてはベンゼンの構造に関するケクレの古典的理論と後の有機電子論に基づく反応機構解明の先駆となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

フリードリッヒ・K.J. ティーレの関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))アメリカ合衆国史(年表)芥川龍之介

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android