コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーフライヤ free flyer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーフライヤ
free flyer

地球周回軌道に乗せられ,一定期間活動したのちにスペースシャトルなどによって地上に回収,再使用される無人の宇宙実験・観測機。日本では,1995年に宇宙開発事業団H-IIロケットで打ち上げスペースシャトルで回収する SFU (スペース・フライヤ・ユニット) 計画が文部科学省,経済産業省などにより進められた。高度 500kmの円軌道に投入され,赤外線望遠鏡,イモリの宇宙生物学実験などを行なった (→宇宙実験・観測フリーフライヤ ) 。 SFUは八角柱形のトラスにユニットを取り付けるユニットボックス構成となっており,回収後は側面にはめ込んだモジュールを入れ替えて,再使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android