コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線望遠鏡 せきがいせんぼうえんきょうinfrared telescope

4件 の用語解説(赤外線望遠鏡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

赤外線望遠鏡

天体から来る赤外線を観測する望遠鏡。地上では、可視光を観測する普通の望遠鏡で赤外線の観測も行う。しかし、波長2.5μm(マイクロメートル)を超える赤外線では、望遠鏡本体や周辺装置の熱雑音(熱放射)の影響が大きいため、雑音を軽減する工夫が必要となる。波長5〜100μmの中間赤外線や遠赤外線の観測には天文衛星が必要。オランダ、英国、米国が共同で打ち上げたIRAS(Infrared Astronomical Satellite)、欧州宇宙機関(ESA)のISO(Infrared Space Observatory)など(共に運用終了)が代表的な赤外線天文衛星。現在運用中のものに、NASAスピッツ宇宙望遠鏡JAXAあかりがある。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せきがいせん‐ぼうえんきょう〔セキグワイセンバウヱンキヤウ〕【赤外線望遠鏡】

天体が発する赤外線領域の電磁波を観測するため望遠鏡。波長が可視光に近い近赤外線および中赤外線の短波長側は地上の光学望遠鏡と同じ光学系で捉えられるため、近年は光学赤外線望遠鏡が利用される。中赤外線の長波長側および遠赤外線を観測するためには、望遠鏡本体の熱放射の影響を取り除く専用の観測装置をもつ赤外線天文衛星が必要となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤外線望遠鏡【せきがいせんぼうえんきょう】

天体からの赤外線を観測する望遠鏡。一般には反射望遠鏡が使用される。赤外線は大気中の水蒸気二酸化炭素による吸収を受けるため,地上での観測には制約があり,チョッピングという特殊な観測法が使われたり,大気の影響の少ない高山に設置されたりすることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきがいせんぼうえんきょう【赤外線望遠鏡 infrared telescope】

天体の放射する赤外線を観測するための望遠鏡。赤外線を透過するレンズが作りにくいので一般に反射望遠鏡が使われる。また,反射鏡は反射率がよく,赤外線の放射を少なくするため金蒸着されることが多い。赤外線観測は大気中に含まれる水や炭酸ガスの吸収を受けて,地上からの観測は大きな制約を受ける。そのため観測できる波長は20μm以下の,しかも吸収の少ない波長帯に限られる。また大気の熱放射は赤外領域に極大をもっているため,天体からの微弱な赤外線を観測する場合に大きな障害となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤外線望遠鏡の関連情報