コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリー・ソイル党 フリーソイルとうFree Soil Party

翻訳|Free Soil Party

世界大百科事典 第2版の解説

フリーソイルとう【フリー・ソイル党 Free Soil Party】

1848年,アメリカのホイッグ,民主両政党の奴隷制に反対する分子とリバティ党が合併して生まれた第三政党。西部に新しく奴隷制度を認める州または準州をつくることに反対し,自営農民への公有地無償交付を要求した。48年の大統領選挙にはM.バン・ビューレンを候補に立て,〈自由な土地,自由な言論,自由な労働,自由な人間〉をスローガンに掲げた。54年,新しくできた共和党に吸収された。【平野 孝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリー・ソイル党の関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android