コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリー・ソイル党 フリーソイルとう Free Soil Party

翻訳|Free Soil Party

1件 の用語解説(フリー・ソイル党の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フリーソイルとう【フリー・ソイル党 Free Soil Party】

1848年,アメリカのホイッグ,民主両政党の奴隷制に反対する分子とリバティ党が合併して生まれた第三政党。西部に新しく奴隷制度を認める州または準州をつくることに反対し,自営農民への公有地無償交付を要求した。48年の大統領選挙にはM.バン・ビューレンを候補に立て,〈自由な土地,自由な言論,自由な労働,自由な人間〉をスローガンに掲げた。54年,新しくできた共和党に吸収された。【平野 孝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フリー・ソイル党の関連キーワードアメリカの声アングロアメリカアメリカ杉アメリカンアメリカンドリームホイッグ党アメリカの空アメリカの友人アメリカン・スタッグハウンドアメリカン・ブルドッグ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone