コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バン・ビューレン Van Buren, Martin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バン・ビューレン
Van Buren, Martin

[生]1782.12.5. ニューヨーク,キンダーフック
[没]1862.7.24. ニューヨーク,キンダーフック
アメリカの政治家。第8代大統領 (在任 1837~41) 。 1803年生地で弁護士を開業。 1812~20年ニューヨーク州上院議員,同州検事総長。 1821~28年連邦上院議員,1829年ニューヨーク州知事となったがすぐやめ,A.ジャクソン大統領の国務長官 (1829~31) ,副大統領 (1833~37) となった。 1836年ジャクソンのあと押しで大統領に当選。 1837年の恐慌対策,対イギリス外交,全国政党としての民主党組織の確立と維持などに尽力したが,セミノール戦争に要した過大な戦費やテキサス併合問題などで反感を買い,不人気のまま 1840年の大統領選挙で W.ハリソンに敗れた。 1848年には「自由土地党」を足場に三たび大統領選挙に出馬したが落選し,以後生地に引退した。『自叙伝』 The Autobiography of Martin Van Burenは 1920年に出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バン・ビューレン
ばんびゅーれん
Martin Van Buren
(1782―1862)

アメリカ合衆国第8代大統領(在任1837~41)。1820年代ニューヨーク州で猟官制(スポイルズ・システム)を用いて、強固な職業政治家集団「オルバニー・リージェンシー」をつくった。これが後の二大政党組織の原型となった。28年の大統領選挙でジャクソンを支持し、国務長官、副大統領を経て民主党選出の大統領になったが、37年恐慌の痛手で次の選挙でホイッグ党のハリソンに敗れた。44年選挙では奴隷主階級の意に反してテキサス併合に反対し、民主党の指名を逸した。48年に奴隷制拡大反対派の自由土地党候補となったが、落選後復党した。彼は民主党をつくり、民主党員として死んだ。[安武秀岳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バン・ビューレンの関連キーワードオールバニ・リージェンシーフリー・ソイル党スチーブンソンポインセット神の死の神学ロコフォコ派ジョンソンホワイトライト商船

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android