スローガン(英語表記)slogan

翻訳|slogan

世界大百科事典 第2版の解説

スローガン【slogan】

標語,合言葉などと訳され,特定の主張を広く人びとに浸透させるために,その意図を簡潔に表現した言葉。その語源は,ゲーリック語のsluagh ghairm(〈ときの声,集合合図の叫び〉の意)で,本来,スコットランド高地人などが危急のさいの呼集のためにあげた声であった。今日,スローガンは商業広告から交通安全,防犯,そして政治的領域にいたるまで使われている。一般にスローガンは,覚えやすく,口にしやすいということが重要であり,簡潔性,印象性,適時性などが重視される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スローガン【slogan】

団体や運動の主張や目標を強く印象づけるために、効果的に要約した文章。標語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スローガン
slogan

ときの声の意で,語源はゲール族の sluagh-ghairm (army-cry)である。標語,モットーの意味に使われる。政治の世界では,政党 (団体) ないし政治的,社会的運動が掲げる簡潔な呼びかけ,ないし訴えの言葉をいう。印象の強いものほど,大衆をとらえる力が強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スローガン
すろーがん
slogan

「標語」と訳される。語源的には、スコットランド人たちが火急の際に使用した招集のための「ときの声」sluagh-ghairmを意味した。現在では、大衆に特定の行動をおこさせるために使われる宣伝文句のことをいう。そのために、それは、簡潔性、情緒性、適時性、新奇性、印象性、反復性、唱えやすさなどの特徴をもつ。今日ではこれはあらゆる領域で使用されているが、政治行動や運動の領域と商業広告の領域でもっとも重要なものになっている。しかしこのスローガンは、その性質からして二つの重要な問題点をもっている。第一にそれは、大衆の理性や合理的な認識よりも情緒や感性に訴える傾向があり、往々にして大衆の非合理性を社会的に増大させる結果になることが多い。第二にそれは、真理を問題にするよりも真理を隠蔽(いんぺい)してしまう傾向をもち、虚偽なるものを絶対視する結果を招来しかねない。[矢澤修次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スローガン

〘名〙 (slogan) 団体・党派・政府などが、一般に呼びかけるためにその主義・主張を端的に言い表わした語句。標語。
※ロシアに入る(1924)〈荒畑寒村〉示威運動、演劇、絵画、博物館「またコミンタアンの拡大委員会も、新たに労働者農民政府のスロオガンを採用した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スローガンの関連情報