立て(読み)タテ

デジタル大辞泉の解説

たて【立て】

[名]
立ててあること。「立て看板」
酒宴。遊興。
「こりゃ―に行く大尽衣装ぢゃ」〈浄・歌祭文
他人の分の遊興費も払ってやること。おごり。
「わたしが―でござります」〈伎・韓人漢文〉
筋。筋道。
「なあに、そりゃあ軍書の講釈だ。あっちのは―が違はあ」〈滑・浮世床・初〉
おきて。とりきめ。
「この廓の―だといっても」〈人・娘節用・前〉
[接頭]人・役目などを表す名詞に付いて、その役目の中心であること、首位であることを表す。「立て女形(おやま)」「立て行司」「立て三味線」「立て役者」
[接尾]
動詞の連用形に付いて、その動作が終わったばかりであることを表す。「炊き立ての御飯」「でき立てのビル」
助数詞。
㋐連続しての負けを数えるのに用いる。「下位チームに三立てをくう」
㋑勝負事などの回数を数えるのに用いる。
「博奕をして遊びけるに、一―に五貫十貫立てければ」〈太平記・三三〉

だて【立て】

[接尾]
名詞、動詞の連用形、形容詞の語幹などに付いて、取り立ててそのようなようすをする、実際以上にそれを誇示してみせようとする、などの意を表す。「かばい立て」「賢(かしこ)立て」「心安立て
車につける牛馬の数や船の艪(ろ)の数などに付けて、それだけの数で成り立っていることを表す。「二頭立ての馬車」「八挺(ちょう)立ての船」
作品や項目・種類などの数を表す。「三本立ての興行」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たて【立て】

( 名 )
〔動詞「立てる」の連用形から〕
筋。趣旨。 「なあにそりやあ軍書の講釈だ。あつちのは-が違はあ/滑稽本・浮世床
きまり。おきて。たてまえ。 「この廓さとの-だといつても/人情本・娘節用」
宴会。酒宴。遊興。 「是か、こりや-に行く大尽衣装ぢや/浄瑠璃・新版歌祭文」
遊興費などを一人でひきうけること。おごり。 「わたしが-でござります/歌舞伎・韓人漢文」
( 接頭 )
役目などを表す名詞に付いて、中心となるものの意を表す。第一の。筆頭の。 「 -行司」 「 -女形おやま
( 接尾 )
動詞の連用形に付いて、その動作が終わったばかりの意を表す。…したばかり。 「焼き-のいも」 「出来-のほやほや」 → だて
助数詞。勝負に続けざまに負けた数を数えるのに用いる。連敗。 「三-を食う」

だて【立て】

( 接尾 )
名詞および形容詞の語幹、動詞の連用形に付いて、ことさらに、あるいは特にそうする意を表す。 「忠義-」 「かくし-」 「かばい-」 「頼もし-」
牛馬の数や櫓の数に付けて、それだけの数で成り立っていることを表す。 「四頭-の馬車」 「八挺-」
助数詞。
映画館・劇場などで、一回に見せる作品を数えるのに用いる。 「三本-の映画館」
方法・方針などの種類を数えるのに用いる。 「当面の政策はこの二本-でゆく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立ての関連情報