コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルワーン Hulwān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルワーン
Hulwān

ヘルワーン Helwānともいう。エジプト,カイロ南部の工業都市。古くから硫黄温泉があり,ナイル対岸のピラミッド眺望にもすぐれ,20世紀初頭から保養,観光地として発展。 1952年共和国成立以後,重工業中心地として,製鉄,自動車組立て,セメント,肥料,紡績などの工場が建設された。 04年エジプトで最初の気象台が建てられた。カイロとはハイウェーと鉄道で結ばれている。人口 35万 2300 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフルワーンの言及

【ヘルワーン】より

…エジプト北部,カイロ南郊の都市。フルワーンḤulwānとも呼ばれる。人口32万8000(1991)。…

※「フルワーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フルワーンの関連キーワードヘルワーンヘル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android