フレゼリク(6世)(読み)ふれぜりく(英語表記)Frederik Ⅵ

日本大百科全書(ニッポニカ)「フレゼリク(6世)」の解説

フレゼリク(6世)
ふれぜりく
Frederik Ⅵ
(1768―1839)

デンマーク王(在位1808~39)、ノルウェー王(在位1808~14)。クリスティアン7世の子。1784年にデンマークの非ドイツ化を進める保守勢力を一掃したのち、政務遂行不能な父王の摂政(せっしょう)として「土地緊縛法」廃止等を内容とする改革事業(1786~99)を中立主義者ベアンストーフA. P. Bernsdorffらと推進し、のちに実権を握った。1801年、イギリスがデンマーク艦隊に大打撃を与え、さらにコペンハーゲン攻撃やデンマーク艦隊引き渡しを強行した(1807)ため、ナポレオンと同盟したが、スウェーデンのベルナドットBernadotteの率いる対仏同盟軍に敗れ、キール講和条約によりノルウェーを失った(1814)。1804~14年には、諮問会議ではなく、武官による統治を行った。フランスの七月革命の影響や自由主義者の要求の前に四地方議会を設置した(1834)が、決定権は自ら掌握した。統治者としての能力は不十分であったが、勤勉で誠実な人柄のため晩年の人望は厚かった。

[荒川明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android