コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレデリック・ルイス フレデリック・ルイスFrederick Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレデリック・ルイス
Frederick Louis

[生]1707.1.20. ハノーバー
[没]1751.3.20. ロンドン
イギリス王ジョージ2世の長男。ハノーバーで育ち,父王の即位 (1727) 後イギリスに渡り,皇太子 (29) となったが,結婚や生活費の問題をめぐって父王との間に不和を生じ,宮廷から疎外され,ロンドン郊外のノーフォーク館に居住。 1736年ザクセン=ゴータ公の娘アウグスタと結婚,ジョージ (のちの3世) ,マティルダ (のちのデンマーク王妃) らをもうけた。父王の政府に不満な政治家を招いて策謀にふけり,ノーフォーク館は反政府陰謀の巣窟になった。 42年の R.ウォルポールの失脚もその一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フレデリック・ルイスの関連キーワードカロライン[アンスバハ]ビュート(伯)メルコム(男)