コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フローリオー John Florio

2件 の用語解説(フローリオーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フローリオー【John Florio】

1553?‐1625
イギリスの翻訳家。イタリア人の亡命者を父としてロンドンに生まれた。オックスフォード大学出身。宮廷に仕え,初期の伊英辞典も編纂したが,モンテーニュの《随想録》を英訳して,《エッセーズ》(1603)として出版した。名訳として世に迎えられ,シェークスピアはじめイギリス・ルネサンスの作家・思想家に,ヒューマニズムの真髄を伝えるのに力があった。【川崎 寿彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フローリオー
ふろーりおー
John Florio
(1553―1625)

イギリスの言語学者、翻訳者。イタリア人新教徒の子としてロンドンに生まれる。オックスフォード大学卒業後、レスター伯ジェームズ1世王妃アンのイタリア語教師を務める。モンテーニュ『随想録』の英訳(1603)で知られ、また『言葉の世界』(1598)など辞書類の編纂(へんさん)者としても高く評価される。その業績は同時代の文献解読に貴重な手掛りを与えてくれる。[玉泉八州男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフローリオーの言及

【辞書】より

…この《博言辞典》が象徴しているように16~17世紀は〈外国語辞書〉の時代であり,ルネサンス期における古典研究熱,世界的な通商・交流の結果として,ラテン語・ギリシア語以外にフランス語・イタリア語等の近代諸国語辞典が相次いで刊行された。イギリスではクーパーThomas Cooper(1517ころ‐94)の《羅英辞典》(1565)をはじめ,フローリオーの《伊英辞典》(1598),コトグレーブRandle Cotgrave(1634ころ没)の《仏英辞典》(1611)等をあげることができる。また1573年出版のバレットJohn Baret(1580ころ没)編《蜜蜂の巣箱》は英・羅・仏の3ヵ国語辞典であった。…

※「フローリオー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フローリオーの関連キーワードイギリス経験論イギリスオランダ戦争英国イギリス巻イギリス組曲西谷退三松本恵子ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone