コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随想録 ズイソウロク

6件 の用語解説(随想録の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ずいそうろく〔ズイサウロク〕【随想録】

《原題、〈フランスEssaisモンテーニュの随筆集。3巻。1580~1588年刊。自己の経験・観察を通して人間性を探求した、モラリスト文学の古典的作品。エッセー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

随想録【ずいそうろく】

モンテーニュの随想集で原題は《Essais》。1580年刊。1588年増訂。著者の政界生活の間に書きためたもの。自分の人生の諸相をユーモアをまじえ,ときに格言風に語ることによって,人間が自己の中にもっている人間性の完全な姿を明らかにし,それによって読者に人生の意味を深く考えさせようとした。
→関連項目エッセープルタルコス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ずいそうろく【随想録 Essais】

フランスの思想家モラリストモンテーニュの随想集。人間の性質や行動,事象や事件についての多様な主題による長短さまざまな論考3巻計107章より成る。題名の《エセー》は判断力の試行の結果,自発的な知的実験の報告という意味。著者が自邸の管理と読書の生活にはいった1572年ころから感想記録として綴られはじめ,おいおい自ら取りあげた題材についての積極的な論述となり,第1巻57章,第2巻37章にまとめられて80年に出版された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ずいそうろく【随想録】

モンテーニュ著。三巻。1580~95年刊。自己を語りつつ、読む者を人間性一般の考察に導く。モラリスト文学の代表的作品。エッセー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

随想録
ずいそうろく

エセー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

随想録
ずいそうろく
Essais

フランスの思想家モンテーニュの著作。1570年ボルドー高等法院参事を辞したあとの後半生を通して執筆された。1580年ボルドーで二巻本として刊行。その後大幅な加筆を行ったうえ、新たに第3巻を執筆し、1588年パリで刊行。その後も死に至るまで加筆訂正が続けられ、死後の1595年新版が出た。現在もっとも信頼される原本は、著者が加筆した手沢(しゅたく)本(「ボルドー本」)であり、現代の各版は直接間接にこれに依拠している。全3巻は独立した107章からなり、ごく初期の短い読書録・訓話集(ルソン)といった体(てい)のものから、やがて主題を広く見込んで自由な展開を楽しむような、独特の形式へと移りゆく。古今の著作家に親しむとともに、政治的・宗教的動乱や日常生活にも題材を求め、扱う内容はほとんど無限であるが、体系的記述はなさず、むしろつねに自己のあり方を中心に据えた考察となっている。序文には、「私が描くのは私自身である」と記されている。
 作品中、死の考察にあたってストア主義的論調が表れる(・20など)が、同時に快楽主義的傾向もみられ、それらは、作品を貫く穏やかな懐疑精神によって和らげられる。「レーモン・スボン弁護」(・12)には、古代に源泉をもつ懐疑主義がやや強調されて述べられているが、そこに現れる有名なQue sais-je ?(私は何を知っているのか?)の句は、人間の知的営為に謙虚さを求めるものといえ、この書物の精神を決定している。第3巻では懐疑的傾向をやや弱め、「各人は人間の性状の全き姿を備えている」(・2)といいきることで、人間性を積極的に認める姿勢を示す。「空虚について」(・9)、「経験について」(・13)などの章は、その確信に支えられ、無限定な主題を個性的な文体で展開し、自己と人間、人間と世界との無理のない連接を実現しているようにみえる。ルネサンスの人文主義(ユマニスム)の到達点ともいえるこの作品は、フランス・モラリスト文学の源をなすのみならず、思想・表現の両面で現代的意義を豊かに含んでいる。[大久保康明]
『関根秀雄訳『モンテーニュ全集1~7 随想録』(1982~83・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の随想録の言及

【エッセー】より

…その功績は主としてモンテーニュに帰せらるべきであろう。彼の《随想録》(1580,88)は,深く広い思索を,くだけた気ままな文体で,気の向くままに書きとめたかたちをとっており,新しい魅力ある散文芸術様式として後世に大きい影響を及ぼしたからである。パスカルの《パンセ》(1670)は,モンテーニュとはまったく異質の思想を語りながら,《随想録》の影響ぬきには考えられない。…

【フローリオー】より

…オックスフォード大学出身。宮廷に仕え,初期の伊英辞典も編纂したが,モンテーニュの《随想録》を英訳して,《エッセーズ》(1603)として出版した。名訳として世に迎えられ,シェークスピアはじめイギリス・ルネサンスの作家・思想家に,ヒューマニズムの真髄を伝えるのに力があった。…

※「随想録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

随想録の関連キーワードシャロンモンテーニュリオタールモンテクリスト伯リストランテモラリスティックモンテカルロラリー死せるキリスト落合太郎関根秀雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

随想録の関連情報