コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンシンペック党(読み)フンシンペックとう(英語表記)National United Front for an Independent,Neutral,Peaceful and Cooperative Cambodia; FUNCINPEC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フンシンペック党
フンシンペックとう
National United Front for an Independent,Neutral,Peaceful and Cooperative Cambodia; FUNCINPEC

カンボジアの政党。正式名称は「独立・中立・平和・協力のカンボジアのための民族統一戦線」。 1981年にパリでシアヌークが在欧の亡命政治家らと結成し,1982年にポル・ポト派,ソン・サン派と三派連合政府を樹立。 1991年 10月の和平協定調印を前にシアヌークは組織を離れ,二男ラナリットを後継とした。 1992年5月,翌 1993年の総選挙のためにフンシンペック党と名のり政党に移行,ラナリットを党首に選出した。 1993年5月の総選挙では 58議席を獲得し,第1党の座を獲得した。同 1993年9月新憲法のもとで成立した新政権ではラナリットが第1首相に就任。だが 1997年にフン・セン第2首相のカンボジア人民党と武力衝突を起こし,7月にラナリットは追放され,代わってウン・フオット外務大臣が第1首相に選出された。 1998年7月の総選挙では第2党の地位を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フンシンペック党【フンシンペックとう】

カンボジアの政党。〈独立・中立・平和・協力のための民族統一戦線〉のフランス語表記の略称(FUNCINPEC)。反政府活動を進めていたラナリット派(旧シアヌーク派)が1993年春の総選挙をめざして1992年に結成した。党首はシアヌーク元国王の息子のラナリット。1993年の総選挙で第一党となり,カンボジア人民党とともにカンボジア暫定国民政府の与党となる。ラナリットは人民党のフン・センとともに共同首相を務めたが,1997年7月,フン・セン第二首相がラナリット第一首相を追放する政変が起こり,1998年7月選挙でフン・センの人民党が勝ち,同年11月フン・セン首相,ラナリット国会議長の枠組みができた。→UNTAC(アンタック)
→関連項目カンボジアフン・セン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

フンシンペック党の関連情報