コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーテン

デジタル大辞泉プラスの解説

フーテン

永島慎二による漫画作品。1963~1964年の新宿を舞台に、売れない漫画家が東大中退のインテリやジャズマン、家出少女、失踪した会社社長など、さまざな人と出会う。『COM』1967年4月号~1968年3月号ほか、『ガロ』『プレイコミック』に連載。青林堂青林傑作シリーズ全2巻。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のフーテンの言及

【ヒッピー】より

…このヒッピー風俗は,カウンターカルチャー(対抗文化)とともに,大なり小なり世界中に広まった。日本でも60年代の〈みゆき族〉や〈フーテン〉以来,その影響を見いだすことができる。語源的には1950年代に流行した〈ヒップスターhipster〉に由来し,当初は〈現代感覚に敏感な者〉〈本当のフィーリングをもった者〉といった意味であった。…

※「フーテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フーテンの関連キーワード男はつらいよ菅原ゆう子関 敬六渥美 清ヒッピー永島慎二瘋癲族髙橋洋渥美清瘋癲

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フーテンの関連情報