フーバー・ダム(読み)フーバーダム

百科事典マイペディアの解説

フーバー・ダム

米国西部,アリゾナとネバダの州境のコロラド川ブラック・キャニオンにあるコンクリートアーチ型重力ダム。1931年起工,1935年完成。1947年フーバー大統領にちなみ,それまでのボールダー・ダムBoulder Damをフーバー・ダムと改称。ダムの高さ221m,堤頂長379m,最大発電能力135万kW。貯水池はミード湖となっている。コロラド川下流の砂漠地帯の灌漑(かんがい)に利用され,ダムの周辺は遊覧施設の整った西部有数の観光地となっている。
→関連項目コロラド[川]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フーバー・ダム
ふーばーだむ
Hoover Dam

アメリカ合衆国西部のコロラド川にある重力式アーチダム。1936年の完成当時、世界最大の規模を誇った。ダムの高さ221メートル、有効貯水量367億立方メートル。西部開発の中核をなした。最大出力135万キロワットの発電、インペリアル谷の灌漑(かんがい)、洪水調節、航行の維持のほか、ミード湖とよばれる貯水池を中心として6万5000ヘクタールのレクリエーションに適した地帯を形成している。[石正和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android