コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーバー・ダム フーバーダム

2件 の用語解説(フーバー・ダムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フーバー・ダム

米国西部,アリゾナネバダの州境のコロラド川ブラック・キャニオンにあるコンクリートアーチ型重力ダム。1931年起工,1935年完成。1947年フーバー大統領にちなみ,それまでのボールダー・ダムBoulder Damをフーバー・ダムと改称。
→関連項目コロラド[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フーバー・ダム
ふーばーだむ
Hoover Dam

アメリカ合衆国西部のコロラド川にある重力式アーチダム。1936年の完成当時、世界最大の規模を誇った。ダムの高さ221メートル有効貯水量367億立方メートル。西部開発の中核をなした。最大出力135万キロワットの発電、インペリアル谷の灌漑(かんがい)、洪水調節、航行の維持のほか、ミード湖とよばれる貯水池を中心として6万5000ヘクタールのレクリエーションに適した地帯を形成している。[石正和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フーバー・ダムの関連キーワードグランドキャニオンコロラド川アリゾナコロラドネバダMMTギャトリンバーグヘブンリーアリゾナ岩コロラド岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone