コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フープマイヤー Balthasar Hubmaier

世界大百科事典 第2版の解説

フープマイヤー【Balthasar Hubmaier】

1480ころ‐1528
ドイツの宗教改革者。再洗礼派の初期の強力な指導者の一人で,教養と学識の豊かさでは群を抜く。生年については1480‐85年の説もある。1520年ワルツフートの司祭になり,親交を結んだツウィングリの路線で宗教改革を行ったが,やがて彼と決別,敵対して,1525年再洗礼派となり,ワルツフートに,市参事会の支持を得て,全住民を包括する再洗礼主義の国家教会を設立した。ドイツ農民戦争で農民軍と同盟した同市が,オーストリア軍に占領される直前に逃れ,モラビアのニコルスブルクに赴き,ここでも君主の支持を得て,再洗礼主義の国家教会を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフープマイヤーの言及

【ドイツ農民戦争】より

…農民は62ヵ条の訴状を掲げ,傭兵出身のミュラーHans Müller von Bulgenbach(?‐1525)を指導者に選んだ。おりから近くの小都市ワルツフートでも,牧師フープマイヤーが熱烈な福音の説教をおこない,ハプスブルク家の圧迫を受けつつあった。信仰の自由と封建的支配からの解放を求める市民と農民とのあいだには,同盟が成立した。…

※「フープマイヤー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フープマイヤーの関連キーワードボッティチェッリコロンブムーランの画家ムーランの画家大村氏オルフェオ物語タラントムーランの画家アルトドルファーパルマ・ベッキオ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android