コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーリエ積分 フーリエせきぶんFourier integral

世界大百科事典 第2版の解説

フーリエせきぶん【フーリエ積分 Fourier integral】

(-∞,∞)において積分可能な関数f(x)に対して,次の関数F(t)を考える。この右辺の積分をフーリエ積分といい,左辺の関数F(t)をf(x)のフーリエ変換という。また(1)によるfからFへの変換をもフーリエ変換という。これは有限区間における関数のフーリエ係数を求めることに相当する。有限区間で関数をフーリエ級数に展開することに対応して(-∞,∞)上の関数f(x)を,のような形に表すことを考える。f(x)が点xの近傍で有界変動ならば,(2)の左辺を1/2{f(x+0)+f(x-0)}で置き換えた式が成立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーリエ積分
フーリエせきぶん

フーリエ変換」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フーリエ積分の関連キーワードフーリエ(Jean Baptiste Joseph Fourier)L. ヘルマンダーヘルマンダーカーレマンクラメールフーリエ解析学左辺波動

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android