コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブイル湖 ブイルコ

デジタル大辞泉の解説

ブイル‐こ【ブイル湖】

Buir nuurБуйр нуур》⇒ボイル湖

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブイル湖
ぶいるこ
Buir Nuur

モンゴル高原東部の淡水湖。モンゴル側に大半が存在し、残りは中国領である。中国では貝爾諾爾あるいは貝爾湖と記す。標高581メートル、面積615平方キロメートル、最大深度は10メートル強。南東よりハルハ川が流入し、オルシュン川が北に流出して、中国のフルン湖に向かう。湖面は10~11月に凍結し5月に解氷する。魚が多く、コイやマス類など20種類以上が生息し、19世紀以来漁業が行われている。湖の周辺は良好な純ステップ地帯で、古くから遊牧民が多い。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブイル湖の関連キーワードチンギス・ハン石碑文モンゴル高原ノモンハン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android