コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブカパイ油田 ブカパイゆでんBekapai oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブカパイ油田
ブカパイゆでん
Bekapai oil field

日本のインドネシア石油 Inpexとフランス石油トタルが共同でインドネシア東カリマンタン (ボルネオ) のマハカム河口沖に発見した油田バリクパパンの北東 75kmに位置する。 1972年4月に1号井で出油に成功し,74年7月から暫定生産を開始,75年7月本格生産段階に入った。同グループのハンディル原油とともにバリクパパンの北東 45kmのセニパのターミナルから出荷されている。原油の性状は API比重 41度,硫黄分 0.08重量%と,軽質,低硫黄である。 (→ハンディル油田 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブカパイ油田の関連キーワード国際石油開発帝石国際石油開発帝石国際石油開発