コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッフ Leopold von Buch

世界大百科事典 第2版の解説

ブッフ【Leopold von Buch】

1774‐1853
ドイツの地質学者。プロイセンの富裕な貴族の子として,ベルリン近郊の邸宅に生まれ,フライベルク鉱山学校に入り,A.G.ウェルナーの教えを受けた。さらに,ハレ大学とゲッチンゲン大学に学んだ後,プロイセン政府で鉱山調査に従事し,ヨーロッパ各地も調査した。そして,師ウェルナーの水成説が自然の事実と合わないことから,友人A.vonフンボルトとともに地下の火山力が大地を動かし,山をつくるとする火山論者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブッフの関連キーワードブルック(Peter Stephen Paul Brook)時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!エントレブッフ・マウンテン・ドッグエントレブッフ・キャトル・ドッグウラジーミル マヤコフスキーヴァレンチン プルーチェクジャック オフェンバックニコライ オフロープコフ藍晶石珪線石型変成相系列低圧中間型変成相系列ナニマウガーデンズミステリヤ・ブッフドン・ジョバンニオペラ・ブッファゾブテンベルク岩オッフェンバックオペラブッファメイエルホリドフィガロの結婚オフロープコフ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブッフの関連情報