コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッフ Leopold von Buch

1件 の用語解説(ブッフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブッフ【Leopold von Buch】

1774‐1853
ドイツの地質学者。プロイセンの富裕な貴族の子として,ベルリン近郊の邸宅に生まれ,フライベルク鉱山学校に入り,A.G.ウェルナーの教えを受けた。さらに,ハレ大学ゲッチンゲン大学に学んだ後,プロイセン政府で鉱山調査に従事し,ヨーロッパ各地も調査した。そして,師ウェルナーの水成説自然の事実と合わないことから,友人A.vonフンボルトとともに地下の火山力が大地を動かし,山をつくるとする火山論者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブッフの関連キーワードルイルイ聖地管理問題徳川家慶福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語日本科学史コック=ブロンホフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブッフの関連情報