コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッフ Leopold von Buch

世界大百科事典 第2版の解説

ブッフ【Leopold von Buch】

1774‐1853
ドイツの地質学者。プロイセンの富裕な貴族の子として,ベルリン近郊の邸宅に生まれ,フライベルク鉱山学校に入り,A.G.ウェルナーの教えを受けた。さらに,ハレ大学とゲッチンゲン大学に学んだ後,プロイセン政府で鉱山調査に従事し,ヨーロッパ各地も調査した。そして,師ウェルナーの水成説が自然の事実と合わないことから,友人A.vonフンボルトとともに地下の火山力が大地を動かし,山をつくるとする火山論者となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブッフの関連キーワードブルック(Peter Stephen Paul Brook)時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!エントレブッフ・マウンテン・ドッグエントレブッフ・キャトル・ドッグウラジーミル マヤコフスキーヴァレンチン プルーチェクセスト ブルスカンティーニニコライ オフロープコフジャック オフェンバック藍晶石珪線石型変成相系列コシ・ファン・トゥッテ低圧中間型変成相系列ナニマウガーデンズミステリヤ・ブッフゾブテンベルク岩オペラ・ブッファオッフェンバックドン・ジョバンニオフロープコフオペラブッファ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android