コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウンスイス Brown Swiss

大辞林 第三版の解説

ブラウンスイス【Brown Swiss】

ウシの一品種。全身灰色ないし黒褐色。スイスの山岳地帯で改良された。頑健で寒暑によく耐える。乳用または乳肉兼用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラウンスイス
ぶらうんすいす
Brown Swiss

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ウシの一品種で、スイス北東部原産のスイスブラウンSwiss Brownが1869年から1906年にかけてアメリカに輸入され、これを基礎として乳用型に改良されたものである。泌乳能力は高く総乳量4800キロ、乳脂率4%。原産地やその周辺のヨーロッパ型は乳肉兼用種でブラウンフィーBrownviehともよばれる。毛色は灰褐色である。[西田恂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブラウンスイスの関連キーワード但馬牛黒褐色家畜牛乳和牛寒暑乳用

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブラウンスイスの関連情報