ブラウンスイス(読み)ぶらうんすいす(英語表記)Brown Swiss

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブラウンスイス」の解説

ブラウンスイス
ぶらうんすいす
Brown Swiss

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ウシの一品種で、スイス北東部原産のスイスブラウンSwiss Brownが1869年から1906年にかけてアメリカに輸入され、これを基礎として乳用型に改良されたものである。泌乳能力は高く総乳量4800キロ、乳脂率4%。原産地やその周辺のヨーロッパ型は乳肉兼用種でブラウンフィーBrownviehともよばれる。毛色は灰褐色である。

[西田恂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ブラウンスイス」の解説

ブラウン‐スイス

〘名〙 (Brown Swiss) スイス原産の乳・肉・役三用途を兼ねた兼用種の。日本の黒毛和種の改良にも貢献した。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android