ブラウンスイス(英語表記)Brown Swiss

大辞林 第三版の解説

ブラウンスイス【Brown Swiss】

ウシの一品種。全身灰色ないし黒褐色。スイスの山岳地帯で改良された。頑健で寒暑によく耐える。乳用または乳肉兼用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラウンスイス
ぶらうんすいす
Brown Swiss

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。家畜ウシの一品種で、スイス北東部原産のスイスブラウンSwiss Brownが1869年から1906年にかけてアメリカに輸入され、これを基礎として乳用型に改良されたものである。泌乳能力は高く総乳量4800キロ、乳脂率4%。原産地やその周辺のヨーロッパ型は乳肉兼用種でブラウンフィーBrownviehともよばれる。毛色は灰褐色である。[西田恂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ブラウン‐スイス

〘名〙 (Brown Swiss) スイス原産の乳・肉・役三用途を兼ねた兼用種の牛。日本の黒毛和種の改良にも貢献した。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブラウンスイスの関連情報