ブラウン式貸出法(読み)ぶらうんしきかしだしほう(英語表記)Browne charging system

図書館情報学用語辞典 第5版「ブラウン式貸出法」の解説

ブラウン式貸出法

1895年にブラウン(N. E. Browne 1860- ?)が考案した公共図書館向きの貸出方式.日本では1960年代以降多くの公共図書館で採用された.この方式は利用者の記入が不要で,返却後は貸出記録が残らないのが利点である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android