コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前頭位 ぜんとういbregmatic presentation

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんとうい【前頭位 bregmatic presentation】

胎児の胎勢異常の一種で,最も軽い反屈位である。胎勢とは胎児の姿勢のことで,正常胎勢の場合は,分娩にさいして,児頭の後頭部すなわち小泉門が最も先に進み,児のあごが児の胸部についている。これを屈位,後頭位という。反屈位は児のあごが児の胸部から離れている場合で,頭頂部,前頭部,額部およびあごが先進しているのをそれぞれ頭頂位,前頭位,額位および顔位という。これら反屈位の分娩では,児頭が通過する面が屈位よりも長く,産道が通過しにくくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前頭位の関連キーワード胎児

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android