ブラゴエフグラド(英語表記)Blagoevgrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラゴエフグラド
Blagoevgrad

旧称 (1950まで) ゴルナジュマヤ Gorna Dzhumaya。ブルガリア南西部,ソフィア州の都市。マケドニアとの国境近くに位置する。付近一帯はストルマ川流域の山地で,タバコの主産地。たばこのほか,製材,食品などの工場もある。付近に鉱泉があり,古代からトラキア人の集落がつくられたが,15世紀から都市としての体裁を整え,今日ではブルガリア領マケドニア地方の中心となっている。名称はこの市出身の革命家 D.ブラゴエフの名に由来する。人口7万 9089 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android