コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラジヤック ブラジヤックBrasillach, Robert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラジヤック
Brasillach, Robert

[生]1909.3.31. ピレネーオリアンタル,ペルピニャン
[没]1945.2.6. セーヌ,モンルージュ
フランスの小説家,批評家。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) を卒業後,王党派の運動「アクシオン・フランセーズ」に参加。第2次世界大戦中,ファシズムに賛同しドイツ占領軍に協力,戦後銃殺刑に処せられた。小説『閃光の盗人』 Le Voleur d'étincelles (1932) ,『時の過ぎゆくままに』 Comme le temps passe (37) ,『七色』 Les Sept couleurs (39) ,評論『ウェルギリウスの存在』 Présence de Virgile (31) ,『われわれの戦前』 Notre Avant-Guerre (41) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラジヤック【Robert Brasillach】

1909‐45
フランスの評論家,作家。時代への危機意識からデモクラシーを憎悪し,1931年《アクシヨン・フランセーズ》紙から評論家としてデビュー,34年には週刊紙《ジュ・スイ・パルトゥー》の編集長となり,ファシズムを礼賛し,戦時中は積極的に対独協力を行ったため,44年のフランス解放とともに逮捕され死刑に処せられた。批評作品として《コルネイユ》(1938)や《映画の歴史》(1935。バルデッシュと共著)があるが,小説家としても優れ,夢を追いつづける不安の世代の姿を甘美に描いた《時の過ぎさるがごとく》(1937)と《七つの彩り》(1939)は小説史に残るものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラジヤックの関連キーワードアクシヨン・フランセーズレジスタンス文学3月31日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android