コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危機意識 ききいしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

危機意識
ききいしき

一般的には国家組織のような運命共同体において,自己の所属する国家や組織の存在が危うくなっているという共通認識社会秩序政治体制価値体系などの激変期にしばしば現れる人間の意識である。多くの場合は,価値観世界観,生活のペースに強い不安をいだき,その克服へと向っていく。それは,(1) 共同体への逃避=自由の放棄による指導者との一体化 (ファシズム) ,(2) 政治的に急進化し,敵対者への攻撃を強化する方向,(3) 救済の使命感によるユートピア志向,などさまざまな動きとなって現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きき‐いしき【危機意識】

危機が迫っているということを感じること。危機感。
既成秩序や価値観が崩壊しつつあることを認識し、これに対処しなくてはならないとする自覚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ききいしき【危機意識】

その時代に支配的である価値観・秩序などの崩壊を不安のうちに感じとる意識。
組織の崩壊、災害による被害などの危険に対する認識。危機感。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

危機意識の関連キーワードソレル(Georges Sorel)合計特殊出生率1.5をめぐる議論21世紀新農政2007アーミン カーシムカーシム・アミーン公共性の構造転換抗日民族統一戦線アラービーの反乱国連軍縮特別総会新エンゼルプランアフマド・ハーンラロトンガ条約シュテッフェン2000年問題日米半導体摩擦ニュー・ライトシュペングラーグローバリズム行動主義文学チュッチェフ

危機意識の関連情報