コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランデンブルク辺境伯領 ブランデンブルクへんきょうはくりょうMarkgrafschaft Brandenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランデンブルク辺境伯領
ブランデンブルクへんきょうはくりょう
Markgrafschaft Brandenburg

後年のプロシア王国中心部となるドイツ北東部の一地方。古くスラブ人の居住地で,地名もスラブ人の首都ブラニボルに由来する。 10世紀以降東部植民の進展を通じて次第にドイツ化され,12世紀にはスラブ人に対する防衛のための辺境伯領が設けられた。最初はアスカニエル家が封じられたが,その後数回の交替を経て,1411年にホーエンツォレルン家のフリードリヒ6世が辺境伯となってから,近代までこの家門が君臨した。 15年フリードリヒは選帝侯にも任じられ,フリードリヒ1世と名のった。アルブレヒト3世アヒレス (1414~86) のもとで領土は増大し,財政も向上した。宗教改革が起ると,この領邦ではルター派が採用され,以後ドイツの最も有力な新教国の一つとなった。三十年戦争では大きな被害を受けたが立直り,17世紀後半に大選帝侯と呼ばれたフリードリヒ・ウィルヘルムが常備軍制と租税システムを導入し,プロシア的絶対主義の礎が築かれた。 1701年フリードリヒ1世 (3世) のとき王号が許されたが,新王国の名称は,1618年ブランデンブルクに併合された東方のプロシア公国からとられ,国名としてのブランデンブルクはこのときをもって消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブランデンブルク辺境伯領の関連キーワードアルブレヒト[ブランデンブルク]ゴジュフウィエルコポルスキブランデンブルク州コウォブジェクシュチェチンスウプスクコシャリンビトムゲロー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android