ブラン岬(読み)ブランミサキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラン岬
ぶらんみさき
Cap Blanc

アフリカ北西岸、南方へ大西洋に突き出る岬。モーリタニアと西サハラの境界をなすブラン半島に位置する。ブランコBlanco岬、ヌアディブーNouadhibou岬とも。漁業基地のヌアディブーがある。北アフリカのチュニジア北岸にも同名の岬があり、アフリカ大陸の最北端(北緯37度20分)の岬として知られる。[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android