コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリッジマナイト ぶりっじまないと bridgmanite

2件 の用語解説(ブリッジマナイトの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ブリッジマナイト

鉱物の一種。高温・高圧下で形成され、非常に不安定な性質を持つ。地表から670~2900キロメートルの深さに存在し、地球で最も多く存在する鉱物と考えられている。数十年にわたり、その科学的組成からケイ酸塩ペロブスカイトと呼ばれていたが、鉱物学者チー・マーらが名称や構造をまとめ、国際鉱物学連合に2014年3月に提出。同年6月2日に承認されたことにより、初めて名前がついた。この名称は、高圧物理を研究し1946年にノーベル物理学賞を受賞したパーシー・ブリッジマンにちなむ。

(2014-6-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブリッジマナイト(bridgmanite)

地球深部の下部マントルを構成する鉱物の一。以前は超高圧下におけるペロブスカイト構造という特殊な結晶構造をとるケイ酸塩鉱物であることが知られていたが、2014年に国際鉱物学連合により現名称が決定された。地球で最も多量に存在する鉱物として知られる。名称は、1946年に高圧下の物性の研究でノーベル物理学賞を受賞した米国の物理学者ブリッジマンにちなむ。(Mg,Fe)SiO3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリッジマナイトの関連キーワード高圧物理学高温高圧実験深熱水鉱床ゼノサーマル鉱床二次鉱物平衡鉱物組合せ熱帯ポドゾルメタゾマタイトカザフ岩高圧鉱物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone