コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリッジマナイト ぶりっじまないとbridgmanite

知恵蔵miniの解説

ブリッジマナイト

鉱物の一種。高温・高圧下で形成され、非常に不安定な性質を持つ。地表から670~2900キロメートルの深さに存在し、地球で最も多く存在する鉱物と考えられている。数十年にわたり、その科学的組成からケイ酸塩ペロブスカイトと呼ばれていたが、鉱物学者チー・マーらが名称や構造をまとめ、国際鉱物学連合に2014年3月に提出。同年6月2日に承認されたことにより、初めて名前がついた。この名称は、高圧物理を研究し1946年にノーベル物理学賞を受賞したパーシー・ブリッジマンにちなむ。

(2014-6-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ブリッジマナイト(bridgmanite)

地球深部の下部マントルを構成する鉱物の一。以前は超高圧下におけるペロブスカイト構造という特殊な結晶構造をとる珪酸塩(けいさんえん)鉱物であることが知られていたが、2014年に国際鉱物学連合により現名称が決定された。地球で最も多量に存在する鉱物と考えられる。名称は、1946年に高圧下の物性の研究でノーベル物理学賞を受賞した米国の物理学者ブリッジマンにちなむ。化学式(Mg,Fe)SiO3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android