コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際鉱物学連合 こくさいこうぶつがくれんごう

デジタル大辞泉の解説

こくさいこうぶつがく‐れんごう〔コクサイクワウブツガクレンガフ〕【国際鉱物学連合】

鉱物学分野の国際協力を目的とする学術団体。1958年に設立。新鉱物の鑑定と命名、既存の鉱物名の改名などを行っている。IMA(International Mineralogical Association)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際鉱物学連合
こくさいこうぶつがくれんごう
International Mineralogical Association

鉱物学に関する国際的学術団体。略称はIMA。1958年設立。各国を代表する鉱物学の38研究団体で構成される。国際鉱物学連合は、六つの委員会、二つの補助委員会に分かれて活動している。このうち1959年設置の新鉱物・命名・分類委員会は、鉱物の学名命名法規則を制定し、各種鉱物を分類。また申請を受けた鉱物について新鉱物であるかどうかを判断、承認し、「鉱物一覧List of Minerals」に記載する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国際鉱物学連合の言及

【鉱物】より

…ただし,まれには既報の鉱物種に同定されない種である場合もあり,その鉱物は新鉱物(種)となる。この場合は,国際的な組織である国際鉱物学連合にその鉱物の性質を報告し,新種であることが確認されたのち新たな鉱物種として記載されることとなる。現在,全世界では1年間に数十種類の新鉱物が報告されている。…

※「国際鉱物学連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

国際鉱物学連合の関連キーワードランタンバナジウム褐簾石ブリッジマナイト国際地質科学連合ブンノアイトチャールズ石雲母(鉱物)モガン石加水錫石チタン石大阪石黄安華杉石

国際鉱物学連合の関連情報