コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリモドキ Naucrates ductor; pilotfish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリモドキ
Naucrates ductor; pilotfish

スズキ目アジ科の海水魚。全長 60cm。体は紡錘形で,尾柄は細く,その両側に大きな隆起線がある。第1背鰭はきわめて小さい。体は青みがかった白色で,体側に 6条の黒色横帯がある。尾鰭の先は白い。サメ類エイ類,大型魚類,流木や船に伴って泳ぎ,水先案内を務めているように見えるため,パイロットフィッシュと呼ばれる。またサメ類など大型魚の食べ残しを利用するといわれ,サメ類は本種を決して捕食しないという。東北地方以南,世界の暖海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリモドキ
ぶりもどき / 鰤擬
pilot fish
[学]Naucrates ductor

硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。魚雷形の体に幅広い黒色の横縞(よこじま)模様が発達するため非常に目だつ魚である。第1背びれは、短小な4本の棘条(きょくじょう)だけで構成され、これらは畳むと細長い溝の中に収まってしまう。全長1メートルを超す。本種はアジ科のなかで、もっとも外洋表層での生活に適応した種類であり、世界の熱帯域から温帯域に広範囲に分布する。日本の南部海域にもしばしば出現する。ブリに類似した体形に由来する和名よりも、むしろ英名のパイロットフィッシュの意味する水先案内魚としてよく知られる。本種が大形魚、とりわけ大きなサメ類などに付き添って泳ぐ特異な習性に由来するもので、古くからさまざまな説明が加えられた。しかし、両者の共生関係は、本種が巨大な物体の陰に入って泳ぐことによって、多くの敵から身を守ると同時に、サメのとらえた食物の分け前にあずかるという片利的な傾向の強いもののようである。稚魚は全体が黒褐色で、背びれの棘(とげ)が遊離している。[沖山宗雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリモドキの関連キーワードツチカブリオサムシツムブリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android