コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュゴスの画家 ブリュゴスのがかBrygos Painter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュゴスの画家
ブリュゴスのがか
Brygos Painter

古代ギリシアの赤像式陶画家。前490~前470年頃に活躍したと考えられる。陶工ブリュゴスの署名のある作品の,おもに杯に絵付けをしたため,ブリュゴスの画家と呼ばれる。代表作はキュリクス 『酒宴の杯』(ウュルツブルク,ワーグナー美術館)。(→赤像式陶器

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブリュゴスの画家の関連キーワード赤絵式

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android