コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法雲 ほううんFa-yun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法雲
ほううん
Fa-yun

[生]泰始3(467)
[没]中大通1(529).3.
中国,。梁の三大法師の一人。光宅ともいう。幼年に出家し,僧成,玄趣,宝亮などに学んだ。建武4 (497) 年 30歳にして妙音寺で『法華経』『維摩経』の2経を講じて名をあげた。天監7 (508) 年武帝の命により,光宅寺の主となり,初めて僧制を立てた。主著法華経義記』 (8巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法雲 ほううん

?-1867 江戸時代後期の僧,国語学者。
若狭(わかさ)(福井県)挙野(あげの)の真宗大谷派光徳寺の住職。東条義門にまなび,義門が講述した「真宗聖教和語説」を筆録した。慶応3年11月24日死去。著作に「活語略図解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法雲
ほううん
(467―529)

中国、梁(りょう)代の学僧。住した寺の名から光宅(こうたく)ともいう。僧旻(そうみん)、智蔵(ちぞう)とともに、梁の三大法師の一人。俗姓は周氏。義興陽羨(ぎこうようせん)(江蘇(こうそ)省鎮江(ちんこう)県宜興(ぎこう))の人。7歳のとき鐘山定林(しょうざんじょうりん)寺の僧印(そういん)について出家し、『法華経(ほけきょう)』を学び、ついで荘厳(しょうごん)寺に移り、13歳のとき僧宗(そうしゅう)(438―496)および僧遠(そうおん)(414―484)に学ぶ。490年ごろ僧柔(そうじゅう)(431―494)の講説を聴き、僧旻、智蔵とともに慧次(えじ)(434―490)について『成実論(じょうじつろん)』や三論を学んだ。497年夏、初めて妙音寺で『法華経』『浄名(じょうみょう)経』を開講して賞賛された。僧俗との交遊も多く、梁の武帝(蕭衍(しょうえん))は光宅寺を創建して法雲を住まわせ、家僧とした。『法華(ほっけ)義記』(現存)、『成実論疏(しょ)』『注大品(ちゅうだいぼん)』などを撰(せん)し、511年の華林園(かりんえん)における『法華経』の講説に際し、天花降下の奇瑞(きずい)を感じた。南京(ナンキン)の雨花台はその旧跡とされる。525年大僧正に任命され、同泰寺(どうたいじ)に千僧会(せんそうえ)を設けた。[伊藤隆寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

法雲の関連キーワード岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲岐礼兵庫県美方郡香美町村岡区村岡僧旻(そうみん、中国の僧)山梨県大月市初狩町下初狩三重県鈴鹿市大久保町大阪府堺市美原区今井埼玉県秩父市荒川白久福岡県大牟田市倉永新治(茨城県)智蔵(中国)花山院家輔海東高僧伝龍造寺隆信今出川公興翻訳名義集灌頂(僧)雪村友梅裏松光世浄瑠璃寺玉泉公園

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法雲の関連情報