コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリンク ブリンク blink

翻訳|blink

3件 の用語解説(ブリンクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブリンク(blink)

まばたき。またたき。光の点滅。
コンピューターのディスプレー上で、カーソルや文字などが点滅すること。または、その状態。文字を入力する位置を目立たせる役割がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリンク

南アフリカ共和国のオレンジ自由州生れ。アフリカーナーの作家であるがアフリカーンス語と英語の両方で作品を発表。小説《夜の認識》(1973年)は,人種差別国家南アフリカを断罪するもので,アフリカーンス語小説最初の発禁本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブリンク

点滅」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリンクの関連キーワードアフリカーンス語中央アフリカ共和国ボーア人ラントオレンジ自由国南ア南ア戦争南アフリカSWAPO南アフリカ連邦

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリンクの関連情報