コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリンク blink

翻訳|blink

デジタル大辞泉の解説

ブリンク(blink)

まばたき。またたき。光の点滅。
コンピューターのディスプレー上で、カーソル文字などが点滅すること。または、その状態。文字を入力する位置を目立たせる役割がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブリンク

南アフリカ共和国のオレンジ自由州生れ。アフリカーナーの作家であるがアフリカーンス語と英語の両方で作品を発表。小説《夜の認識》(1973年)は,人種差別国家南アフリカを断罪するもので,アフリカーンス語小説最初の発禁本。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブリンク

点滅」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリンクの関連キーワードウィルソン(Peter Wilson)ウィリアム フリードキンアレックス ガスカースメリッサ ギルバートマクミラン(出版社)ヨナス レッケルマンジャック バラカット点滅コンパレーターライアン ドーソンシンディ ローパーアメリエ コーバールイ ジョーダンマクミラン出版社ザック メリック南アフリカ共和国ブリンクマン指数ロボットスーツコンピューター南アフリカ文学アフリカ文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android