コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリンク blink

翻訳|blink

デジタル大辞泉の解説

ブリンク(blink)

まばたき。またたき。光の点滅。
コンピューターのディスプレー上で、カーソル文字などが点滅すること。または、その状態。文字を入力する位置を目立たせる役割がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブリンク

南アフリカ共和国のオレンジ自由州生れ。アフリカーナーの作家であるがアフリカーンス語と英語の両方で作品を発表。小説《夜の認識》(1973年)は,人種差別国家南アフリカを断罪するもので,アフリカーンス語小説最初の発禁本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブリンク

点滅」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリンクの関連キーワードウィルソン(Peter Wilson)ウィリアム フリードキンアレックス ガスカースヨナス レッケルマンジャック バラカットマクミラン(出版社)メリッサ ギルバート点滅コンパレーターアメリエ コーバーシンディ ローパーライアン ドーソンブリンクマン指数マクミラン出版社ルイ ジョーダン南アフリカ共和国ザック メリックロボットスーツコンピューター南アフリカ文学アフリカ文学

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android