ブリンク

デジタル大辞泉の解説

ブリンク(blink)

まばたき。またたき。光の点滅。
コンピューターのディスプレー上で、カーソル文字などが点滅すること。または、その状態。文字を入力する位置を目立たせる役割がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブリンク

南アフリカ共和国のオレンジ自由州生れ。アフリカーナーの作家であるがアフリカーンス語と英語の両方で作品を発表。小説《夜の認識》(1973年)は,人種差別国家南アフリカを断罪するもので,アフリカーンス語小説最初の発禁本。ほかに1976年のソウェト蜂起に取材した《白く乾いた季節》(1979年),評論集《地図製作人》(1983年)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android