コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリースマン ブリースマンBriesmann, Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリースマン
Briesmann, Johannes

[生]1488.12.31.
[没]1549.10.1.
ドイツの宗教改革者。ルターの影響を受け,プロシア (1523) とリガ (25) で宗教改革に尽力した。その後,ケーニヒスベルクで牧会に従事し,ザムラント教区の総監督をつとめ (46~49) ,またケーニヒスベルク大学設立にも協力した。また当時の教会を動揺させていた霊的熱狂主義のシュベンクフェルトやオジアンダーの傾向とも論争した。主著"Kurze Ordnung des Kirchendienstes samt einer Vorrede von Ceremonien" (30) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブリースマンの関連キーワード12月31日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android