牧会(読み)ぼっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧会
ぼっかい

牧師が教会のために行う説教礼拝。すなわち集団や個人の指導を意味する場合と「魂への配慮」を意味する場合があり,狭義には後者を意味することが多い。カトリック教会では司牧といい,聖職者の務めとされるが,プロテスタント教会では,他者の魂のために献身的に尽すことは,教会の牧者ばかりでなく信徒の重要な任務とされる。教理を学び,教会訓練を受けるとともに,現代ではカウンセリングを受けることなども行われ,電話相談 (→いのちの電話 ) も広い意味の現代社会への牧会的配慮だといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼっ‐かい ボククヮイ【牧会】

〘名〙 プロテスタント教会で、牧師が担任する教会のためにする働き。カトリック教会では、司牧という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧会の関連情報