コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリーム Julian Bream

2件 の用語解説(ブリームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブリーム【Julian Bream】

1933‐
イギリスギターおよびリュート奏者。ロンドンローヤル音楽カレッジに学ぶかたわら,個人的にギターを習得し,1950年ロンドンでデビュー。59年〈ジュリアンブリームコンソート〉を結成し,71年ギターやリュートなどによる室内楽を中心とした〈セムリー音楽祭〉(ウィルトシャー)を設立。クラシック・ギターを再評価するとともに,16,17世紀のリュート音楽を研究および紹介したという点で非常に大きな影響力をもち,また彼の華麗で張りのある演奏は多くの人々を魅了した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリーム
ぶりーむ
Julian Bream
(1933― )

イギリスのギター奏者、リュート奏者。ロンドン生まれ。初めピアノを学んだが、ギター愛好家だった父の手ほどきでギターに転じ、10代で早くも演奏活動に入る。スペインの名ギター奏者セゴビアの目にとまるほどの天分を示し、若くして世界的な名手の一人に数えられた。ルネサンス音楽にも関心をもち、リュートの研究と演奏に手を染め、この古楽器の権威となる一方、ジュリアン・ブリーム・コンソートを組織、16~17世紀のイギリス音楽の普及に尽力するなど多面的に活動。1965年(昭和40)初来日。大方のギター奏者と違ってギターにおぼれず、古典的な均整美を保持しつつ控えめに、だがみずみずしく音楽を歌い上げるスタイルを特色とする。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブリームの言及

【リュート】より

…しかし,リュート独特の上品な哀愁を帯びた優雅な音色(ちなみに弦はかつては羊腸,いまは多くナイロンを用いる),かつて栄えた約250年間にわたる価値高いレパートリーの魅力は,現代に至って見直され,全般的な古楽復興の波に乗って,新たな光を当てられるようになった。20世紀におけるリュート復興の功労者ゲルビッヒWalter Gerwig(1899‐1966),ギターの名手でもあるブリームJulian Bream(1933‐ )のほか,現在ではいく人ものリュート奏者が活躍している。 以上ヨーロッパ芸術音楽におけるリュートについて記したが,バルバットからウードの系統を引く楽器は,中近東をはじめ,東欧,アフリカなどで,今日も民族楽器としての盛んな生命を保っている。…

※「ブリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリームの関連キーワードイギリス経験論イギリス連邦アリュートイギリスオランダ戦争英国イギリス巻エアギターイギリス組曲ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリームの関連情報