コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルマスチフ[種] bullmastiff

世界大百科事典 第2版の解説

ブルマスチフ[種]【bullmastiff】

原産地がイギリスの番犬。名称が示すようにブルドッグマスチフの混血で作られた比較的新しい犬種である。19世紀中ごろ,カードやルーレットなどを行う社交場のゲーム・キーパーズ・ナイト・ドッグとして作出されたイヌで,社交場を襲うならず者などを倒し,警察官が到着するまで確実に侵入者を拘束する働きをした。ひじょうに敏しょうで客と侵入者をよく識別し,後者を拘束するが傷つけない技術をも習得したという。顔貌はまさしくブルドッグとマスチフを併せたようで,体軀(たいく)はマスチフそのものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android