コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーシールド ぶるーしーるど Blue Shield

翻訳|Blue Shield

1件 の用語解説(ブルーシールドの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ブルーシールド

戦争や災害から文化財を保護するための国際的なシンボルマークで、青い盾(シールド)をかたどっている。第1次、第2次世界大戦で多くの文化財が失われたことから、武力紛争の際に攻撃を差し控えるべき文化財を示すマークとして、1954年にハーグ条約で定められた。96年には、武力紛争だけでなく自然災害も対象とした文化財保護のための非政府組織「ブルーシールド国際委員会(ICBS)」(本部オランダハーグ)が設立された。その後、欧米を中心とした23カ国(2014年時点)にブルーシールド国内委員会が設置され、ICBS の活動を支えている。日本では、東日本大震災で文化財に大きな被害が出たことを教訓に、14年よりブルーシールド国内委員会の設置に向けた動きが始まっている。

(2014-4-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーシールドの関連キーワード文化財保護法アイシェード棄民保護検束雪避けトンネル文化遺産国際協力推進法移転促進区域ウインターグローブクライミンググローブサイパッド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルーシールドの関連情報