コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーナイル川 ブルーナイルがわBlue Nile

翻訳|Blue Nile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーナイル川
ブルーナイルがわ
Blue Nile

アラビア語ではアズラク川 Al-Bahr al-Azraq。青ナイル川ともいう。全長 1600km。エチオピア北西部のタナ湖の南,標高 1800mの泉に水源を発し,最初はアバイ川と呼ばれ,チョーケ山脈を迂回して南東,南,西に流れを変える。スーダンに入ってからは,北西に流れて,首都ハルツームホワイトナイル川と合流し,ナイル川本流をつくる。洪水期には,ハルツームでのナイル川の流量の 70%をこの川が占める。 1925年に始ったジャジーラ (ゲジラ) 計画で建設されたスーダンのサンナールやルサイリスのダムにより,ホワイトナイル川との間のジャジーラ平原の 8100km2の土地が灌漑され,一大綿花地帯となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブルーナイル川の関連キーワードニールアルアズラク州ハルツームバフリーオムドルマーンエチオピア人ハルツーム州ワドマダニウェレガ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android