コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレア城 ブレアジョウ

デジタル大辞泉の解説

ブレア‐じょう〔‐ジヤウ〕【ブレア城】

Blair Castle》英国スコットランド中部の町ブレアアーソルにある城。13世紀の創建。15世紀以降、アーソル家代々の居城として使用された。白亜の名城として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブレアじょう【ブレア城】

イギリスのスコットランド北部のハイランド地方、インバネスInverness)の近郊、リゾート地として知られるピトロッホリー(Pitlochry)から約13kmほど北西の村、ブレアアソール(Blair Athol)にある城。国鉄ブレアアソール駅から約1km、徒歩15分ほどの場所にある。正門から城まで並木道を歩いて約20分ほどかかるというほど広大な敷地の中に建つ白壁の城で、敷地内には美しいヘラクレス庭園がある。現在は第11代アソール公爵(Duke of Athol)の居城になっているが、その祖先がこの地を支配し始めた約550年前に、この城が建設された。城の一部は13世紀のものである。城の建物や庭園の美しさはさることながら、この城を有名にしているのは、陶器や絵画、武器などのコレクションで、1936年に一般公開が始まり、現在城内の約30の部屋が展示室となっている。また、この城は18世紀半ばまで兵士が常駐していたが、現在でもプライベートアーミーを維持している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android