コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレア城 ブレアジョウ

2件 の用語解説(ブレア城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブレア‐じょう〔‐ジヤウ〕【ブレア城】

Blair Castle》英国スコットランド中部の町ブレアアーソルにある城。13世紀の創建。15世紀以降、アーソル公爵家代々の居城。白亜の名城として知られ、観光客が多く訪れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブレアじょう【ブレア城】

イギリスのスコットランド北部のハイランド地方、インバネスInverness)の近郊、リゾート地として知られるピトロッホリー(Pitlochry)から約13kmほど北西の村、ブレアアソール(Blair Athol)にある城。国鉄ブレアアソール駅から約1km、徒歩15分ほどの場所にある。正門から城まで並木道を歩いて約20分ほどかかるというほど広大な敷地の中に建つ白壁の城で、敷地内には美しいヘラクレス庭園がある。現在は第11代アソール公爵(Duke of Athol)の居城になっているが、その祖先がこの地を支配し始めた約550年前に、この城が建設された。城の一部は13世紀のものである。城の建物や庭園の美しさはさることながら、この城を有名にしているのは、陶器や絵画、武器などのコレクションで、1936年に一般公開が始まり、現在城内の約30の部屋が展示室となっている。また、この城は18世紀半ばまで兵士が常駐していたが、現在でもプライベートアーミーを維持している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレア城の関連キーワードスコッチスコットランドヤードハイランドハイランドゲームズローランドアビモアゼットランド諸島スコットランド室内管弦楽団スコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone