ブレア城(読み)ブレアジョウ

  • ブレアじょう〔ジヤウ〕

世界の観光地名がわかる事典の解説

イギリスのスコットランド北部のハイランド地方、インバネス(Inverness)の近郊、リゾート地として知られるピトロッホリー(Pitlochry)から約13kmほど北西の村、ブレアアソール(Blair Athol)にある城。国鉄ブレアアソール駅から約1km、徒歩15分ほどの場所にある。正門から城まで並木道を歩いて約20分ほどかかるというほど広大な敷地の中に建つ白壁の城で、敷地内には美しいヘラクレス庭園がある。現在は第11代アソール公爵(Duke of Athol)の居城になっているが、その祖先がこの地を支配し始めた約550年前に、この城が建設された。城の一部は13世紀のものである。城の建物や庭園の美しさはさることながら、この城を有名にしているのは、陶器絵画、武器などのコレクションで、1936年に一般公開が始まり、現在城内の約30の部屋が展示室となっている。また、この城は18世紀半ばまで兵士が常駐していたが、現在でもプライベートアーミーを維持している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android