ブレッシア(英語表記)Brescia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレッシア
ぶれっしあ
Brescia

イタリア北西部、ロンバルディア州ブレッシア県の県都。人口18万7865(2001国勢調査速報値)。人口ではミラノに次いでロンバルディア第2位。ロンバルディア平原の外れに位置し、トリノ―ミラノ―ベネチアを結ぶ幹線道路が通る交通の要衝。機械(自動車、航空機、兵器など)、製鉄、食品(ビール、ぶどう酒)工業が盛んで、とくに市の周辺部に工場地帯が展開している。兵器製造には古い伝統がある。16世紀に絵画のブレッシア派がおこり、トジオ・マルティネンゴ絵画館にはその流派の作品が多く収められている。旧大聖堂(11~12世紀)、新大聖堂(17~19世紀)などがある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android