ブロンスキー

百科事典マイペディア「ブロンスキー」の解説

ブロンスキー

ソ連の教育学者,心理学者。1913年モスクワ大学教授。1924年以後ボリシェビキ派として教育界に活躍。学校を社会・経済組織の一機能とする立場から作業の教育的価値を強調し,労働教育を提唱。児童学にも貢献主著《労働学校》。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android