労働学校(読み)ろうどうがっこう

百科事典マイペディア「労働学校」の解説

労働学校【ろうどうがっこう】

労働者の自発性によって設立された労働者のための教育機関。19世紀初めの英国の機械工講習所等が先駆で,20世紀初め以来労働組合により各国に設立。英国のラスキン・カレッジ,米国のランド・スクール等は著名。日本では1920年友愛会設立の東京労働講習所に始まり,昭和初期にかけかなり普及,戦後労働者教育協会等によるものが発展している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「労働学校」の解説

ろうどう‐がっこう ラウドウガクカウ【労働学校】

〙 労働組合などの設立する、労働組合幹部の養成と一般労働者の労働者意識啓蒙のための学校。大正一〇年(一九二一)友愛会の設立した日本労働学校が最初のものであった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「労働学校」の解説

ろうどう‐がっこう〔ラウドウガクカウ〕【労働学校】

労働者の自覚知識向上のために、労働組合などが設立した学校。日本では大正9年(1920)に設立されたのが最初。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の労働学校の言及

【労働者教育】より

…1911年鈴木文治が東京三田のユニテリアン教会で月1回通俗学術講習会を開催,翌年その聴講者を中心に組織された友愛会東京連合会が1920年11月に設立した東京労働講習所が,学校方式による労働者教育の始まりである。月島労働講習所の趣意書(1921)にもあるように,労働学校は労働者自身の経験や問題意識に立って開設され,これに知識人が協力するという方式をとることが多かった。21年に労働者教育協会設立,日本労働学校開校,翌22年には賀川豊彦の《死線を越えて》の印税で大阪労働学校が開設された。…

※「労働学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android